coLinux(Cooperative Linux)とは? Edit

coLinuxとはWindows上で動作するLinuxです。
詳細は下記参考文献をご覧ください。

coLinuxのインストール Edit

ERROR STORMさんのサイトの1.coLinuxのインストールに従いインストールします。

  • 管理人のお勧めオプション
    • Destination Folder(インストールフォルダ)
      C:\coLinuxフォルダにインストールすると、パス設定が短くて済み何かと便利です。
  • Chosse a distribution
    次節で記しますが、本サイトの管理人が用意したdebian環境を使う場合は、「No Download」で!!。

coLinuxの環境設定 Edit

C:\coLinux下にcolinuxをインストールしたと仮定して説明します。
下記フォルダに設定済みのdebian環境を準備しました。
http://eggplant.ddo.jp/www/download/colinux/

  • Debian環境のコピーと解凍
    debian_on_colinux.zipを解凍し、次の4個のファイルをc:\coLinux下へコピーします。
    • Debian-3.0r0.ext3
    • swap_device
    • debian.colinux.xml
    • debian(debian.lnk)
  • Debian-3.0r0.ext3について
    本Debian環境はインストール時に選択できるDebian環境に以下の変更を行っています。
    • colinux関係
      • rootファイルシステムを1.5GBへ拡張
      • ネットワーク設定
      • /lib/modules/2.4.26-co-0.6.1 の組み込み
      • /etc/fstab
      • /dev/cobd?
      • /etc/apt/source.list
      • /etc/hosts
    • 日本(語)関係
      • 日本語ロケール
      • 日本のタイムゾーン
      • 日本語キーボード(jp106)
    • Windows or MacOSXとのファイル共有
      • WebDAV (Apache)
  • debian.colinux.xmlについて
    debian.colinux.xmlには、Debian-3.0r0.ext3やswap_deviceや各種オプションが記述されています。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <colinux>
        <block_device index="0" path="\DosDevices\c:\coLinux\Debian-3.0r0.ext3" enabled="true" />
        <block_device index="1" path="\DosDevices\c:\coLinux\swap_device" enabled="true" />
        <block_device index="2" path="\Device\Cdrom0" enabled="true" />
        <bootparams>root=/dev/cobd0</bootparams>
        <image path="vmlinux" />
        <memory size="128" />
        <network index="0" type="tap" />
    </colinux>
  • debian(debian.lnk)について
     C:\coLinux\colinux-daemon.exe -c debian.colinux.xml

  • Debian on coLinuxの起動
    debianをダブルクリックするとcolinux上でDebain環境が立ち上がります。

    debian_boot.png
  • rootパスワード
    設定されていません。

ネットワーク設定 Edit

ERROR STORMさんの2-2.ネットワーク設定を参考にしてネットワークの設定をすると良いと思います。
次の3種類の方法があるようです。私はBを選択しました。
(恥ずかしながら、BとCの違いが良く分っていません。)

A.WinPcapでブリッジ接続
B.TAPドライバーを使いWindowsでブリッジ接続 (Win2000不可)
C.TAPドライバーで仮想ネットワーク接続

WebDAVによるファイル共有 Edit

Debian起動時のログ(前節のdebianの起動画面参照)を見ればわかりますが、既にApacheが起動しており、
WebDAVの機能が使用できるようになっています。
共有フォルダは/home/webdavで、パスワードなしでローカルネットワーク上に公開されているので注意してください。
ローカルネットワーク上からは http://192.168.0.40/webdav でアクセス可能です。

  • Windows2000/XPの場合
    「マイ ネットワーク」→「ネットワークプレースを追加する」→
    webdav.png

    普通のネットワークフォルダと同じ感覚でアクセスできます。

Debian/Sargeへのdist-upgrade Edit

次期安定版(コードネーム:Sarge)のテスト版がリリースされているので、早速つかってみましょう。

  • /etc/apt/source.lisの編集
    deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ sarge-proposed-updates main non-free contrib
    deb http://ftp.debian.or.jp/debian-jp/ sarge-jp main non-free contrib
    deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ sarge main non-free contrib
    deb http://non-us.debian.org/debian-non-US sarge/non-US main contrib non-free
    deb http://security.debian.org/ sarge/updates main
  • Sargeへ
    apt-get update
    apt-get dist-upgrade           ←(*1 オプション)
  • *1 オプション
    参考までに私が選んだオプションを記しておきます。
    • Configuring Debconf -> Dialog -> medium
    • Adduser -> Yes
    • Configuring Apache -> Yes
    • Configuring Apache-common -> OK
    • Do you want to upgrade glibc? [Y/n] -> Y
    • Do you wish to Restart Services? [Y/n] -> Y
    • May I update your system? [Y/n] -> Y
    • *** securetty (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ? -> Y
    • Configuring man-db -> Yes
    • Configuring lilo -> OK
    • Configuring apache -> install the package maintainer's version

ユーザの追加 Edit

文中のユーザ名を各自のアカウントに置き換えること。

  • adduser
     adduser ユーザ名
  • sudo
    apt-get install sudo
  • /etc/sudoers
    # User privilege specification
    root    ALL=(ALL) ALL
    ユーザ名 ALL=(ALL) ALL
    

  • rootにでコマンドを実行するには?
    sudo コマンド名

  • rootになるには?
    sudo su

Xvncでxserver Edit

  • Debian上でやること
    • X window systemとvncserverのインストール
      apt-get install x-window-system xfonts-a12k12 kterm
      apt-get install vncserver
      お好みに応じて
      apt-get install fvwm fvwm-icons wdm 
  • /etc/X11/xdm/Xserversの編集
    最下行を下記のように変更します。
    #:0 local /usr/X11R6/bin/X vt7 -dpi 100 -nolisten tcp
    :0 local /usr/bin/Xvnc -geometry 1024x768 -depth 16
  • xdmの起動
    /etc/init.d/xdm start



  • 番外編(wdm)
    xdmの代わりにwdmを使うと、
    (1)ログイン画面からcoLinuxをshutdownできたり
    (2)ログイン時ウィンドウマネージャを変更できたり
    するので大変便利です。
    • インストール
      apt-get install wdm
  • /etc/X11/wdm/Xserversの編集
    最下行を下記のように変更します。
    #:0 local /usr/bin/X11/X -nolisten TCP
    :0 local /usr/bin/Xvnc -geometry 1024x768 -depth 16
  • wdmの起動
    /etc/init.d/xdm stop  ← 起動しているならば停止
    /etc/init.d/wdm start

    wdm.png

アプリケーションのインストール Edit

  • Emacs(とかな漢字変換エンジンAnthy)
    • インストール
      apt-get install anthy
      apt-get install emacs21
    • .emacsの設定
      (set-language-environment "Japanese")
      
      (push "/usr/share/emacs21/site-lisp/anthy/" load-path)
      (load-library "anthy")
      (setq default-input-method "japanese-anthy")
  • Mozilla-Firefox -- Webブラウザ(東風フォントとflashプラグインも)
    • インストール
      apt-get install ttf-kochi-gothic-naga10 ttf-kochi-mincho-naga10
      apt-get install mozilla-firefox-locale-ja 
      apt-get install mozilla-firefox-searchplugin-ja
      apt-get install flashplugin-nonfree
    • 設定
      export LANG=ja_JP.EUC-JP
      firefox &

Counter: 19121, today: 1, yesterday: 1

添付ファイル: filevncviewer.png 613件 [詳細] filexwindow.png 610件 [詳細] filesmalllogo.png 670件 [詳細] filewdm.png 1040件 [詳細] filewebdav.png 1041件 [詳細] filefirefox.png 1076件 [詳細] filedebian_boot.png 1065件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-12 (水) 00:38:44 (4300d)