はじめに Edit

2005年4月時点で最新のglibc/gccをベースに、debianシステムを構築しました。
以下、本debianシステムをdebian26と記します。

  • debina26の特徴
  • インストール手順概要
    • LANDISKにtelnetログイン後rootになってdebian26のインストールを行います。
      telnetdの組み込み、rootになる方法については、LANDISKへログイン を参照してください。
    • debian26とLANDISKオリジナル環境のデュアルブートを実現します。
      そのため、debian26をオリジナル環境とは別のパーティション、/dev/hda3へインストールします。
    • lilo-sel改(boot.b-selk)をHDDのMBRに書き込み、電源ボタンで両環境のブート選択を可能にします。
      lilo-sel改の詳細については、「liloサポート … ブートセレクタ対応」を参照のこと。

debian26のインストール Edit

  • basesystemの解凍
    ページ 「 Kernel関連 」 のリンク先から、
    base26-sh4-20051112.tgz 以降のアーカイブ(-etchが付いてないモノ)を取得して、LANDISKの/mnt/hda3/へ解凍します。
    解凍後、debian26内の各ディレクトリを/mnt/hda3/直下に移動します。
    (同名のファイルやディレクトリがある場合は上書きされないよう注意してください。)

    なお本basesystemには、linux kernel 2.6.xとカーネルモジュールを含んでいます。
    # cd /mnt/hda3
    # tar vxfzp base26-sh4-xxxxxxxx.tgz
    #
    # mv debian26/* .
    # rm -rf debian26     ← いらないので消しておく。
    
    こんな感じになります。
    # ls -la /mnt/hda3
    drwxr-xr-x  20 root root   4096 Apr 13 00:19 .
    drwxr-xr-x   3 root root   4096 Apr 17 22:49 ..
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 10  2004 .landisk
    drwxr-xr-x   2   48   48   4096 Jul 11  2004 .landisk-update
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:20 bin
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:30 boot
    drwxr-xr-x   6 root root  24576 Apr 13 00:24 dev
    drwxr-xr-x  38 root root   4096 Apr 13 00:56 etc
    drwxrwsr-x   3 root staff  4096 Apr 13 00:28 home
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:14 initrd
    drwxr-xr-x   7 root root   4096 Apr 13 00:18 lib
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:14 media
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Mar 26 13:09 mnt
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:14 opt
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Mar 26 13:09 proc
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:28 root
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:25 sbin
    drwxr-xr-x  15 root root   4096 Apr 17 14:49 share
    drwxr-xr-x   4 root root   4096 Nov  7  2003 spool
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr 13 00:14 srv
    drwxr-xr-x   2 root root   4096 Apr  1 04:18 sys
    drwxrwxrwt   2 root root   4096 Apr 13 00:28 tmp
    drwxr-xr-x  11 root root   4096 Apr 13 00:14 usr
    drwxr-xr-x  13 root root   4096 Apr 13 00:14 var
    
    オレンジ色のファイルは、LANDISKオリジナルのファイルです。

  • ホスト名/IPアドレスの設定
    次の5つのファイルに記述されたホスト名やIPアドレスを、各自の環境にあわせて修正します。
    • /mnt/hda3/etc/hosts
      127.0.0.1    localhost
      192.168.1.81 landisk
      
    • /mnt/hda3/etc/hostname
      landisk
      
    • /mnt/hda3/etc/resolv.conf
      nameserver 192.168.1.1
      
    • /mnt/hda3/etc/network/interfaces
      # Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
      # /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
      auto lo
      iface lo inet loopback
       
      auto eth0
      iface eth0 inet static
      address 192.168.1.81
      netmask 255.255.255.0
      gateway 192.168.1.1
      
  • /mnt/hda3/etc/hosts.allow
    telnet接続等を許可する端末のIPアドレスを列挙します。
    ALL : 127.0.0.1 192.168.1. 192.168.0.  ← 追加
    
  • /mnt/hda3/etc/fstab
    初期状態では、/dev/hda3をext2でrootfsに、/dev/hda2 をswapに設定しています。必要に応じて編集してください。
    # UNCONFIGURED FSTAB FOR BASE SYSTEM
    #/dev/hda4     /            reiserfs    defaults        0 1
    /dev/hda3     /            ext2    defaults        0 0
    none          /proc        proc    defaults        0 0
    /dev/hda2     swap         swap    defaults        0 0
    
    ブート時にfsckを行わないよう設定しています(赤字の部分)。 (たまにキー入力を求められる場合があるため)
  • 以上で準備は完了です。

lilo-sel改(Linux Loader with select 改) Edit

  • 概要
    lilo-sel改(boot.b-selk)をHDDのMBRに書き込むことで、
    電源ボタンでdebian26とLANDISKオリジナル環境のブートセレクトが可能になります。
    lilo-sel改の詳細については、「liloサポート … ブートセレクタ対応」を参照のこと。
    • 注意
      万が一設定に失敗した場合は、ブートしなくなりますので、自ら復旧させられる自身のない方は
      代替策であるSH-Linux Kernel Switcherをご使用ください。

    • アンケート
      当方では正常動作を確認しておりますが、正常動作しないという報告が2件寄せられています。
      全体状況を把握したく、試した方は動作報告をお願いします。
      アンケートの結果をふまえ、各人で導入判断を行ってください。
      選択肢 投票
      成功: LANDISKでデュアルブート成功 90  
      成功: LANTANKでデュアルブート成功 19  
      成功: USL-5Pでマルチブート成功 35  
      失敗: ブート1(debian26?)からのみ起動可 16  
      失敗: ブート2(オリジナル環境)からのみ起動可 6  
      失敗: 全くブートしなくなった。 11  
      失敗: 原因不明のその他の失敗 12  
      失敗取り消し: 失敗に1票投じたけれど、どうやら設定ミスだったらしい。 7  
  • lilo-sel改のインストールbase26-sh4-20051112(-etch).tgz 以降の例
    • カーネル類のコピー
      SH版liloの制限として、ブートに必要なカーネル類をHDDの1024セクタ内に配置する必要があります。
      それを保障するために、カーネル類をパーティション/dev/hda1の/boot下へコピーします。
      # mount -o rw,remount /
      # cp /mnt/hda3/boot/vmlinuz-2.6.14-sh /boot
      # cp /mnt/hda3/boot/boot.b-selk /boot
      
    • /etc/lilo.conf … デュアルブートの設定を行います。
      debian26を/dev/hda3上に構築した場合の例。
      (オリジナルのlilo.confはバックアップをとっておく事をお勧めします。)
      linear
      boot=/dev/hda
      disk=/dev/hda
      bios=0x80
      timeout=50
      install=/boot/boot.b-selk
      default=debian26
      
      image=/boot/zImage
              label=linux
              root=/dev/hda1
              read-only
              append="mem=64M console=ttySC1,9600 root=/dev/hda1"
      
      image=/boot/vmlinuz-2.6.14-sh
              label=debian26
              root=/dev/hda3
              read-only
              append="mem=64M console=ttySC1,9600 root=/dev/hda3"
      
    • liloの打ち込み
      # /mnt/hda3/sbin/lilo
      Added debian26 *
      Added linux
      
  • debian26環境の起動
    # /home/LANDISK/scripts/powerctrl.sh reboot
    

Telnet接続と動作確認 Edit

  • 補足
    base26-sh4-20051112(-etch).tgz以降では、telnet以外に次のデバイスからログイン可能です。(設定済み)
    シリアルコンソールもネットワークもない環境で作業する場合はお試しください。
  • telnet
    起動後、telnet接続すると次のようなログインプロンプトが現れます。
    "root"と"landisk"のアカウントを用意しています。初期パスワードは共に"landisk"です。
    ユーザlandiskでログイン後、suコマンドでrootになれます。
    (パスワードの変更をお忘れなく。。。)
    Debian GNU/Linux 3.1 landisk
    landisk login: landisk
    Password: landisk
    Last login: Sat Apr 16 11:01:57 2005 from 192.168.1.2 on pts/1
    Linux landisk 2.6.12-sh #1 Tue Apr 12 20:59:46 JST 2005 sh4 GNU/Linux
    
    The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
    the exact distribution terms for each program are described in the
    individual files in /usr/share/doc/*/copyright.
    
    Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
    permitted by applicable law.
    landisk@landisk:~$
    landisk@landisk:~$ su
    Password: landisk
    
    landisk:/home/landisk#
    
  • パッケージ管理ツールapt-get
    /etc/apt/sources.listは次のように設定しています。
    deb http://eggplant.ddo.jp/www/download/debian26/binary-sh4/ ./
    #deb http://eggplant.ddo.jp/www/download/debian26/working/ ./
    
    #deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sarge main non-free contrib
    deb-src http://ftp.debian.or.jp/debian/ sarge main non-free contrib
    deb-src http://ftp.debian.or.jp/debian-non-US sarge/non-US main contrib non-free
    
    apt-getコマンドでパッケージリストを取得し、パッケージを最新のものに更新します。
    landisk:/# apt-get update
    landisk:/# apt-get -f install ← 通常は必要ないですが、念のため
    landisk:/# apt-get upgrade
    
    さらに、apt-getの動作検証もかね、いくつかの定番ツールをインストールしてみましょう。
    landisk:/# apt-get install less rpm     等。。。
    
  • 注意事項
    debian26パッケージ群はKernel2.6用のものであるため、
    Kernel2.4向けのパッケージ(iohack/dodes版)と混ぜて使用しないでください。

電源OFF Edit

  • shutdown
    shutdownコマンドを実行すると自動で電源OFFになります。
    landisk:/# shutdown -h now
    
    補足:landiskの電源ボタンOFFでもシャットダウンします。

情報交換欄 Edit

動作報告、不具合報告等、なんでもお寄せいただければ幸いです。

#pcomment(,5,below,reply)

Counter: 59604, today: 2, yesterday: 0

添付ファイル: filetun.ko 603件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-30 (水) 12:59:37 (813d)