基本アプリケーション Edit

  • XQuartz (X11 for Mac OS X)
    Lepard付属の物はいろいろ問題があるらしいので、最新版を下記からダウンロードしてインストールしました。
    http://xquartz.macosforge.org/trac/
    インストールが終了すると、/アプリケージョン/ユーティリティにX11のアイコンが現れます。

  • Xcode 3.0
    gcc等を含む開発環境セットです。
    Leopardのディスクから、Xcode Toolsをインストールしました。

  • Carbon Emacs
    Emacsアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップするだけなので簡単ですね。
    http://homepage.mac.com/zenitani/emacs-j.html

  • MacPorts
    FreeBSD系のパッケージportsをベースとした、Mac OS X向けパッケージ集です。
    詳しくは、MacPortのページ をご覧ください。
  • MacPortsのインストール及び環境設定
    http://www.macports.org/install.php から MacPorts-1.6.0-10.5-Leopard.dmg をインストールし、
    〜/.profile へ次の環境変数をセットします。
    export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
    export MANPATH=/opt/local/share/man:$MANPATH
    
    そして、MacPortsを最新版と同期させます。
    $ . ~/profile
    $ sudo port -d selfupdate
    $ sudo port -d sync
    
  • wgetコマンドを試しにインストールしてみます。
    $ sudo port install wget
    
  • スリープ禁止設定
    システム環境設定→省エネルギーを開いて、スリープしないを選択。
    (一旦スリープするとWake on LANパケットを送信しないと復帰しないようなので)

  • 補足事項
    • OSXvnc - vnc server
      OSXvncは不要になりました。
      Leopardで標準搭載された画面共有と呼ばれる機能がVnc Serverそのものですので。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-10 (日) 14:36:15 (5820d)